捻挫・腱炎・腱鞘炎でお悩みの方へ

捻挫・腱炎・腱鞘炎によくある症状

  • 指関節が痛む

  • パソコン作業で
    手を酷使し
    指や手首が痛む

  • 足首を捻挫した
    が痛みや腫れが
    おさまらない

  • 指の付け根に
    痛みや腫れを
    感じる

日常生活でも起こる捻挫と腱炎・腱鞘炎について

捻挫や腱炎・腱鞘炎は、指や手首などの関節に痛みや腫れが起こり、
ときに強い痛みから日常生活に支障をきたす場合もあります。

 

捻挫はスポーツの最中に発症することが多いですが、
転倒した際に床に手をつき手首を捻挫するケースもあるため、
子どもから大人まで年齢や性別を問わず起こる可能性があります。

 

腱炎・腱鞘炎も同じようにスポーツ中だけでなく日常生活でも注意が必要で、
特に女性に多く発症する傾向があるとも言われています。
ここでは、この捻挫、腱炎・腱鞘炎について原因や症状、対策法などについてお話しします。

捻挫・腱炎・腱鞘炎改善メニュー Recommend Menu

捻挫、腱炎・腱鞘炎の原因や症状について

捻挫と腱炎・腱鞘炎はどちらも関節に発症することが多く、症状がよく似ていることから勘違いされる場合も多いですが、原因や痛みのメカニズムなどは異なります。
まずはこの捻挫と腱炎・腱鞘炎について、それぞれの原因や症状についてお話しします。

 

【原因】

 

◇捻挫

捻挫とは、何らかの理由で関節を捻り靭帯や関節包を損傷することです。
スポーツ中転倒をした際に起こりやすく、足首や指、手首に発症しやすい傾向があります。

 

◇腱炎・腱鞘炎

腱炎は、骨と筋肉とを繋ぐ「」に炎症が起こることを言います。
腱鞘炎は、腱の周辺にある「腱鞘」が何らかの理由で炎症を起こして分厚くなり、腱の動きがスムーズにできない状態を言います。
主な原因はスポーツや日常の動作で同じ部位を酷使することが挙げられ、手・指に発症しやすい傾向があります。
また、産前・産後や更年期の女性がホルモンバランスの変化がきっかけとなって腱炎・腱鞘炎になるケースも多いと言われています。

 

【症状】

 

◇捻挫

靭帯や関節包を損傷することで痛み腫れを伴い、ひどい場合は皮下出血を伴う場合もあります。
一向に痛みや腫れが改善しない場合、関節がぐらぐらと不安定に感じるなどがあれば靭帯断裂骨折をしている可能性が考えられます。

 

◇腱炎・腱鞘炎

炎症の起きている関節部位に痛み腫れが起こり、動かすと痛みがさらに強く出ます。
また、炎症によって腱の動きに制限がかかるため動きづらさ引っかかりこわばりといった症状があらわれます。
指の腱鞘炎が進行すると、指を伸ばすことが困難になる「ばね指」になるケースもあり、より悪化すると指が動かなくなる状態になる可能性もあります。

もしも捻挫や腱炎・腱鞘炎になってしまったら

もしも捻挫や腱炎・腱鞘炎になってしまった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。
間違った対処法によってさらに症状が悪化するケースもあるため、正しい処置を行い症状の早期改善に繋げましょう。
ここでは、捻挫、腱炎・腱鞘炎の対処法として一般的な応急処置の方法についてご紹介します。

 

【捻挫、腱炎・腱鞘炎の対処法】

 

捻挫、腱炎・腱鞘炎を起こしてしまった場合は、『RICE処置』という応急処置を行うことが一般的な方法です。

 

◇応急処置『RICE処置』

①Rest(安静)
患部をなるべく動かさないようにし、安静を保ちます。

 

②Ice(冷やす)
患部の炎症を抑えるために、アイシングを行います。
患部をタオルなどで覆い、その上から15分間アイシングを間欠的に繰り返します。
冷却剤などがない場合、ビニール袋に水と氷を入れたもので代用すると良いでしょう。
3日以上冷やしても痛みや腫れが改善しない場合は骨折靭帯損傷が疑われるため、すぐに医療機関にて適切な処置を受けましょう。

 

③Compression(圧迫する)
出血や腫れを予防するために、弾性包帯などで患部に適度な圧をかけます。
この際、指であれば指先から指の付け根にかけて巻きつけることがポイントです。
身体の末端から心臓にかけて包帯を巻きつけることで、血液循環障害神経麻痺を予防でき、ケガの早期回復にも繋がります。

 

④Elevation(挙上する)
患部を心臓よりも高い位置に上げて固定することで、炎症を予防します。

 

◇ケガの早期回復には「テーピング」が重要

 

テーピングをすることで得られることは、
・患部を固定して悪化を防ぐ
・再発を予防する
・患部を保護して外傷を予防する
・圧迫して痛みを軽減する
などが挙げられます。
患部をしっかりと固定し、外傷から保護することで悪化を防ぐことができるため、捻挫や腱炎・腱鞘炎を起こしてしまった場合はテーピングをしてケガの早期回復に繋げましょう。

南行徳中央整骨院の【捻挫・腱炎・腱鞘炎】アプローチ方法

捻挫は日常で起こりやすい外傷で、骨と骨の間で起こる、急激なねじれによる関節周囲の損傷(関節包、靭帯)を言います。
炎症期にはアイシングをし、炎症を抑えます。
受傷時の反射の作用により固まった周りの筋肉をほぐして患部に回復を早める効果のあるハイボルト(高電圧)をあて固定を施していきます。
捻挫が癖にならないように、初期の3日〜1週間の固定はガッチリと行い徐々に固定の強度を下げていきます。
当院では固定が外せるようになったらバランスボードなどを使い、捻挫予防の運動療法もしていくのが特徴です。
患部の治癒はもちろん再受傷しない身体づくりをゴールにしています。

腱鞘炎は関節に起こる病気で手の使いすぎや、指の使いすぎにより腱を包む腱鞘に炎症が起こるものをいいます。
最近ではスポーツはもちろんデスクワークやスマートフォンの使いすぎによる腱鞘炎が多いです。
日常生活動作の中での関節の使いすぎによるものが多く、きちんとした対処を行わなければ治るどころか悪化していく一方です。
当院ではハイボルトなどを使いいち早く炎症を抑えて固定や使いすぎている筋肉のストレッチや手技で緊張を緩め、関節に負担をかけず日常生活を送れるように施術をしています。
腱鞘炎になる関節は日常生活でよく使う関節です。そこに痛みがあれば、より良い生活を送ることはできません。
一緒により良い生活を作って行きましょう!

 

【捻挫・腱炎・腱鞘炎に対する施術方法】

 

■保険施術

原因が明確にある損傷「骨折」「脱臼」「捻挫」「挫傷(肉離れ)」などは、健康保険を使って施術を受けることが可能です。
また、交通事故によるケガや業務中・通勤中のケガに対しては「自賠責保険」「労災保険」を使って施術を受けることができます。
※慢性疾患に関しては健康保険は使うことができませんので注意してください。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の刺激を患部に施すことで靭帯、筋肉の組織修復を行い除痛や腫れの軽減、可動域の向上を目指します。
血流が促進されることで早期回復の効果も期待できます。
ぎっくり腰や寝違え、骨折や捻挫などの突発的なケガにおすすめな施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉をゆるめて血行の促進を目指します。
除痛効果だけでなく、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

キネシオロジーテープやホワイトテープ、スパイラルテープなどのテーピングテープを、身体の状態や目的に合わせて使用していきます。
突発的なケガのサポート及び習慣性の痛みの軽減に効果が期待できます。
スポーツのケガ、突発的なケガ、大会直前のケガでお悩みの方におすすめな施術です。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや背骨のゆがみを本来の状態に戻し、血液・リンパ・神経の流れ、動きを整え、身体の自然治癒力を高めていくことで、慢性的な「肩こり」や「腰痛」などに効果が期待できる施術です。
普段の姿勢が気になっている方、慢性的に疲労を感じている方におすすめな施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

1秒間に100万回の音波が振動を起こすことにより熱を発して、筋肉の奥深くに刺激を与えることができる施術方法です。
手では届かない、筋肉の奥深くにアプローチしていきます。急性期のケガから慢性の肩こり腰痛にも効果的です。

 

著者 Writer

著者画像
院長:山田 晃(やまだ あきら)
資格:柔道整復師 四国医療専門学校卒業 
出身:徳島県小松島市 
スポーツ:小中高とバスケットボール部に所属 
趣味:ショッピング、映画鑑賞 
座右の銘:へばった時こそ頑張る事を癖にせよ。(ミニバスケット時代の監督の言葉)
患者さんへ一言: お身体の痛みや不調でお悩みの際はお気軽にご相談下さい!
患者さんが健康に、そして笑顔になれるように一緒に解決していきましょう!
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:南行徳中央整骨院
住所〒272-0143 千葉県市川市相之川4-6-11
最寄:南行徳駅
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】南行徳中央整骨院 公式SNSアカウント 南行徳中央整骨院院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】南行徳中央整骨院 公式SNSアカウント 南行徳中央整骨院院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】南行徳中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中