肉離れでお悩みの方へ

肉離れによくある症状

  • ふくらはぎに
    肉離れを
    起こした

  • 肉離れをした
    部位を押すと
    痛い

  • 肉離れの痛みが
    いつまでも
    改善しない

  • 準備運動をせず
    に運動すること
    がある

激しい痛みを引き起こす「肉離れ」

スポーツ中に起こることの多いケガの一つに「肉離れ」があります。

 

運動をしている方ならば一度は経験したことがあるかもしれませんが、
スポーツマンだけに限らず加齢や筋肉疲労の蓄積が引き金となり肉離れを起こす場合もあります。

 

症状の度合いによっては医療機関にて適切な処置が必要となるケースもあります。
肉離れの正しい対処法を知っておきましょう。

肉離れ改善メニュー Recommend Menu

肉離れの症状や原因について

肉離れは、筋肉が急激に収縮することで損傷し、ときに腱や筋膜が断裂を起こして激しい痛み内出血が生じるケースもあります。
主に太ももやふくらはぎに発症する傾向があり、スポーツ中に発生することの多いケガの一つです。

肉離れを起こすと、どのような症状があらわれるのでしょうか。また、原因についてもお話しします。

 

【肉離れの症状】

 

肉離れの症状は、「軽症」「中等症」「重症」の3つの症状レベルに分類され、重症の場合は医療機関にて検査を受け、適切な処置を行う必要があります。

 

◇軽症

腱や筋膜への損傷はなく、筋肉の一部が裂けることで内出血痛みがあらわれ、適切や安静やトレーニングを行うことにより1〜2週間ほどで症状は改善します。

 

◇中等症

腱や筋膜、筋肉が損傷を起こし内出血痛みがあらわれます。
ふくらはぎの肉離れである場合、膝を曲げていると軽いストレッチ痛を感じます。
強い痛みがある時期は安静にし、徐々にトレーニングによって筋力の柔軟性や回復を目指すことにより1〜3ヶ月ほどで改善する傾向にあります。

 

◇重症

腱や筋膜、筋肉が完全断裂して内出血激しい痛みを伴います。
この場合、発症直後に適切な応急処置を行い、すぐに医療機関にて適切な処置を受けましょう。

 

【原因】

 

◇運動前のウォーミングアップ不足

筋肉が硬いまま運動をすると肉離れの発症リスクは高くなります。
普段、運動不足の方が久しぶりにスポーツをした際に肉離れを起こすケースも多く見受けられ、これもウォーミングアップ不足同様、筋肉や腱の柔軟性が失われていることが原因として考えられます。

 

◇筋肉疲労の蓄積

連日、激しいトレーニングを行ったり運動後のクールダウンを怠ると筋肉内に疲労物質が蓄積し、肉離れを起こしやすい傾向にあります。

 

◇水分不足

体内の水分が不足すると筋肉の柔軟性が失われ、肉離れを生じやすくなるといわれています。

飲酒後も体内で水分不足が起こりやすいため注意が必要です。

突然、肉離れを起こしてしまったらときの応急処置について

スポーツ中や日常生活のなかで、もしも肉離れを起こしてしまった場合はどのように対処すれば良いのでしょうか。
ここでは、肉離れを起こした際の応急処置の方法や、肉離れの予防法についてお話しします。

 

【応急処置『RICE処置』】

 

肉離れを起こした際は、捻挫や打撲などスポーツのケガをしたときに行う一般的な応急処置『RICE処置』をします。
激しい痛みや腫れなどがある場合は、応急処置後すぐに医療機関で適切な処置を受けましょう。

①Rest(安静にする)
患部を無理に動かしたりせず、安静を保ちます。

 

②Ice(患部を冷やす)
疼痛緩和を目的に、患部をタオルなどで覆い、その上からアイシングを行います。
15分間冷やしたら一旦やめ、再度痛みが出てきたら冷やす、を繰り返します。
(3日以上経っても痛みが引かない場合は医療機関で適切な処置を受けるようにしましょう)

 

③Compression(テーピングで圧迫する)
炎症の広がりや内出血を防ぐため、患部に弾圧包帯やテーピングで適度な圧をかけます。
この際、身体の末端から心臓に向かって巻きつけるようにしましょう。

 

④Elevation(挙上する)
患部を心臓より高い位置に上げて固定し、炎症や浮腫を軽減させます。

 

【早期回復のために心がけるべきポイント】

 

◇運動前の入念なウォーミングアップ

運動前のウォーミングアップは筋肉を柔軟にし肉離れを予防できます。
柔らかくて伸び縮みしやすい筋肉は、ケガを防ぐだけでなく高いスポーツパフォーマンスを発揮するうえでも欠かせません。

 

◇運動後はクールダウンを習慣化

スポーツをした後には疲労物質である乳酸が筋肉に蓄積し、それが筋肉痛や肉離れの原因になると考えられています。
運動後にアイシングストレッチを行うことで疲労が回復し、肉離れの予防に繋がります。

 

◇水分をこまめに摂る

汗をたくさんかく運動中は、15分おきにコップ一杯の水分を摂取するように心がけましょう。
また、日常生活であっても飲酒後暑い季節は体内の水分が不足しやすいため、意識的に水分摂取を行い肉離れを予防しましょう。

南行徳整骨院の【肉離れ】アプローチ方法

肉離れは、急なダッシュやジャンプ、持続的な筋肉の伸張により起こします。
肉離れを起こすと痛み急な脱力感内出血などが現れます。
可動制限や筋力の低下、エコー等を使いどこの筋肉がどれくらい損傷をしてるか、炎症の有無、陥凹などを確認した後に施術を行っていきます。

受傷直後など炎症期にはアイスパックやアイススティックを使ってアイシングなどのRICE処置を行います。
次に痛めた筋肉を守ろうと周りの筋肉が固まってしまうので、そこを手技療法で緩めていき、その後患部の施術をしていきます。

痛めてしまった所は内出血により血液が溜まり腫れが現れ、瘢痕形成(皮膚のケガでいうカサブタになること)が出来上がるので、その箇所を「ハイボルト療法」を行い早期に修復をします。

施術期間として炎症が起きている3〜5日は集中的に施術を行います。
その後、カサブタの状態である瘢痕形成期には週3・4日と少しずつ施術間隔を開けていき、リハビリを経て1〜3ヶ月で回復を目指します。

当院では患者さんの大事な試合や予定にできる限り寄り添って、施術を進めていきます。

 

【肉離れに対する施術方法】

 

■保険施術

原因が明確にある損傷「骨折」「脱臼」「捻挫」「挫傷(肉離れ)」などは、健康保険を使って施術を受けることが可能です。
また、交通事故によるケガや業務中・通勤中のケガに対しては「自賠責保険」「労災保険」を使って施術を受けることができます。
※慢性疾患に関しては健康保険は使うことができませんので注意してください。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の刺激を患部に施すことで靭帯、筋肉の組織修復を行い除痛や腫れの軽減、可動域の向上を目指します。
血流が促進されることで早期回復の効果も期待できます。
ぎっくり腰や寝違え、骨折や捻挫などの突発的なケガにおすすめな施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉をゆるめて血行の促進を目指します。
除痛効果だけでなく、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

キネシオロジーテープやホワイトテープ、スパイラルテープなどのテーピングテープを、身体の状態や目的に合わせて使用していきます。
突発的なケガのサポート及び習慣性の痛みの軽減に効果が期待できます。
スポーツのケガ、突発的なケガ、大会直前のケガでお悩みの方におすすめな施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を覆っている「筋膜」に専用の器具(ステンレスでできたブレードなど)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐすことで組織の回復力を高め痛みの軽減や可動域の改善が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:山田 晃(やまだ あきら)
資格:柔道整復師 四国医療専門学校卒業 
出身:徳島県小松島市 
スポーツ:小中高とバスケットボール部に所属 
趣味:ショッピング、映画鑑賞 
座右の銘:へばった時こそ頑張る事を癖にせよ。(ミニバスケット時代の監督の言葉)
患者さんへ一言: お身体の痛みや不調でお悩みの際はお気軽にご相談下さい!
患者さんが健康に、そして笑顔になれるように一緒に解決していきましょう!
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:南行徳中央整骨院
住所〒272-0143 千葉県市川市相之川4-6-11
最寄:南行徳駅
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】南行徳中央整骨院 公式SNSアカウント 南行徳中央整骨院院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】南行徳中央整骨院 公式SNSアカウント 南行徳中央整骨院院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】南行徳中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中