原因不明の痛み・しびれ
(足・足の裏)でお悩みの方へ

原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)の症状と原因によくある症状

  • 下半身に痛みや
    しびれが生じる
    ことがある

  • 足のしびれを
    感じるように
    なった

  • 足や足裏が
    ピリピリと
    しびれて
    歩行が困難

  • 安静にしている
    ときも足・足先
    がしびれる

ジンジン、ピリピリ、足に起こる痛み・しびれの原因

足や足先、足の裏など下半身に生じる「痛み・しびれ」は、
血行不良や神経の異常など原因はさまざま考えられます。
一時的なものであれば心配はないものの、頸椎や腰椎の病気などが引き金となっているケースもあり、
その場合は医療機関で適切な処置が必要となってきます。

 

「いつか良くなるかな」と症状をそのままにしている方もいるかもしれませんが、
早期に原因を追求し正しく対処することが大切です。

 

今回は、そんな下半身に生じる痛み・しびれについて、原因や症状、対策法についてご紹介します。

原因不明の痛み・しびれ改善メニュー Recommend Menu

病気が隠れているかもしれない「足の痛み・しびれ」

足の痛みやしびれは、血管が圧迫され血行不良が生じて起こる「血管性」の場合と、神経が圧迫されて起こる「神経性」の2つに分類されます。
これらが起こる原因はさまざまですが、慢性的な腰痛から足の痛みやしびれに進行するケースや、病気が関連しているケースなどが考えられます。

 

【腰痛から足の痛み・しびれに繋がる】

 

腰痛持ちの方に、足の痛みやしびれを自覚していることは多くみ受けられ、この場合坐骨神経痛である可能性が高いと考えられます。

坐骨神経痛とは、加齢腰への過度な負荷が原因となり、椎間板が脊柱管中に飛び出し周辺にある神経を圧迫して足の痛みしびれを引き起こします。

この他にも、腰椎(腰の骨)や骨盤のゆがみによって血管や神経が圧迫され、下半身に痛みやしびれが出る場合があります。

 

【内臓の不調が原因】

 

便秘下痢など内臓の不調で腰痛が起こり、そこから足の痛みやしびれに繋がるケースもあります。
大腸のすぐ側には腰椎があり、便秘や下痢などの症状が腰へ負担をかけてしまうためだと考えられています。

 

【足のしびれの原因となる病気】

 

◇エコノミークラス症候群

窮屈な場所で長時間同じ姿勢を続けていると足の血流が悪くなり、血管の中に血栓(血のかたまり)が作られ、その部分に痛み腫れが生じることがあります。
水分不足が引き金となる可能性もあります。

 

◇足根管症候群

足根管症候群とは、ふくらはぎから足の裏まで通っている「脛骨神経」が何らかの理由によって圧迫・損傷され、足首や踵、つま先に痛みやしびれが起こります。

 

◇椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、背骨の骨と骨との間にあるクッションの役割を担う椎間板が、加齢などによって飛び出して神経を圧迫し、腰から足にかけて痛みやしびれ、筋力低下を生じます。

 

◇扁平足・外反母趾

足裏の土踏まずがなく、平になった状態の「扁平足」は、放っておくとやがて内側のくるぶしの下あたりに痛みや腫れが生じる場合があります。
足の親指が小指側に曲がる「外反母趾」では、親指に通う神経が圧迫され親指に痛みやしびれが起こることがあります。

 

◇変形性股関節症

変形性股関節症の場合、足の付け根にある軟骨がすり減り、関節部分の骨が変形して足の付け根に痛みや可動域の制限が起こります。
進行すると、足にまで痛みやしびれが生じ、歩行困難になるケースもあります。

 

◇関節リウマチ

関節リウマチによって、膝関節や足首、足指関節に痛みやこわばりなどの症状が起こる場合があります。

足の痛み・しびれは改善できるのか

足の痛みやしびれといった症状は、原因によって対策方法が異なります。
また、生活習慣によっても発症する場合があるため、足の痛みやしびれを生じない過ごし方を意識することで緩和する可能性もあります。
ここでは、具体的な対策法についてお話しします。

 

【腰痛の場合の対策法】

 

◇骨盤を矯正する

骨盤を正しい位置に戻して血管や神経の圧迫が改善されると、腰痛だけでなく、足の痛みやしびれの緩和が期待できます。
また、血液の巡りが良くなることで体内代謝がスムーズになり、足のむくみ冷えが解消されることもあります。

 

◇運動不足を解消する

加齢や運動不足によって下半身の筋力が低下すると身体のバランスが崩れ、筋肉や関節に負荷がかかって腰痛が生じることがあるため、運動習慣をつけ筋力アップを目指しましょう。
簡単な方法であれば、1日30分ほどのウォーキングがおすすめです。
腰に負担がかからないようにクッション性のある靴を選ぶこともポイントです。

 

【日常生活で行える対策法】

 

◇水分を摂る

水分不足を予防するためには一度にたくさん飲むのではなく、コップ一杯の水をこまめに飲むことが大切です。
起床時や就寝前、スポーツをするときや入浴後など汗をよくかくタイミングで意識的に水分を摂取するよう心がけましょう。

 

◇冷やさない

身体が冷えると血行不良が生じ、足の痛みやしびれなどの症状が起こる場合があります。
特に下半身を中心に冷えないよう服装に気をつけて、お風呂はシャワーで済まさず湯船に浸かって血液の巡りを改善すると、痛みやしびれが改善される可能性があります。

 

【腸内環境を整えて足の痛み・しびれを改善】

 

便秘下痢が原因で発症している方の場合は、腸内環境を整えることで症状が改善される場合があります。
食事では、大麦や大根、ごぼうなどの野菜類やわかめ、昆布などの海藻類、味噌やキムチ、ヨーグルトといった酪酸菌が善玉菌を増やしてくれるため積極的に摂るようにしましょう。
また、規則正しい生活を心がけることも腸の動きを良くするためには欠かせません。

南行徳中央整骨院の【原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)】アプローチ方法

足のしびれは、腰椎椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症梨状筋症候群などが原因でしびれが出ます。
基本的にしびれは片方にでますが、稀に両方出ることがあります。
両方の場合は脳疾患糖尿病などの場合があります。

徒手検査でどこの関節が狭くなってるか、どこの筋肉が固くなってるか検査していき原因を探します。
しびれの強い初回施術~3回目位の施術は「ハイボルト療法」でしびれを引かせていきます。
しびれがおさまってきたらストレッチや「骨格矯正」をしていきます。
しびれの強い期間は1週間に5~6回の施術、落ち着いてきたら1週間に3~4回の施術を2~3ヶ月行うことで再発予防できます。
原因はわからないけど痺れが出始めたなと思ったら我慢せず、ご相談ください。

 

【原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の刺激を患部に施すことで靭帯、筋肉の組織修復を行い除痛や腫れの軽減、可動域の向上を目指します。
血流が促進されることで早期回復の効果も期待できます。
ぎっくり腰や寝違え、骨折や捻挫などの突発的なケガにおすすめな施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉をゆるめて血行の促進を目指します。
除痛効果だけでなく、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

キネシオロジーテープやホワイトテープ、スパイラルテープなどのテーピングテープを、身体の状態や目的に合わせて使用していきます。
突発的なケガのサポート及び習慣性の痛みの軽減に効果が期待できます。
スポーツのケガ、突発的なケガ、大会直前のケガでお悩みの方におすすめな施術です。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや背骨のゆがみを本来の状態に戻し、血液・リンパ・神経の流れ、動きを整え、身体の自然治癒力を高めていくことで、慢性的な「肩こり」や「腰痛」などに効果が期待できる施術です。
普段の姿勢が気になっている方、慢性的に疲労を感じている方におすすめな施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を覆っている「筋膜」に専用の器具(ステンレスでできたブレードなど)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐすことで組織の回復力を高め痛みの軽減や可動域の改善が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:山田 晃(やまだ あきら)
資格:柔道整復師 四国医療専門学校卒業 
出身:徳島県小松島市 
スポーツ:小中高とバスケットボール部に所属 
趣味:ショッピング、映画鑑賞 
座右の銘:へばった時こそ頑張る事を癖にせよ。(ミニバスケット時代の監督の言葉)
患者さんへ一言: お身体の痛みや不調でお悩みの際はお気軽にご相談下さい!
患者さんが健康に、そして笑顔になれるように一緒に解決していきましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:南行徳中央整骨院
住所〒272-0143 千葉県市川市相之川4-6-11
最寄:南行徳駅
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】南行徳中央整骨院 公式SNSアカウント 南行徳中央整骨院院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】南行徳中央整骨院 公式SNSアカウント 南行徳中央整骨院院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】南行徳中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中