腰痛でお悩みの方へ

腰痛の症状と原因によくある症状

  • 立ち上がった
    瞬間、腰に強い
    痛みを感じた

  • 腰痛だけでなく
    下半身にしびれ
    を感じる

  • 安静時にも
    腰が痛む

  • 腰が痛くて
    長時間歩けない

寝ているときにも腰が痛い、慢性腰痛はなぜ起こる


「腰が痛くて立っているだけでもつらい」
「長い時間歩くと腰が痛み、出かけるのが億劫になってしまった」
など、こういった腰痛のつらい症状に悩んでいる方は決して少なくありません。

 

厚生労働省の国民生活基礎調査(平成28年)によると、
男性では1番、女性では肩こりに次いで2番目に、
腰痛の症状を訴えている方がいるとの結果が発表されています。

 

なぜこれほど多くの方が腰痛に悩んでいるのでしょうか。
その原因や症状、痛みの対策法・予防法についてもお話しします。

腰痛改善メニュー Recommend Menu

慢性的な腰痛の原因について

腰は、上半身と下半身とを繋ぐ位置にあり、上半身を支えるだけでなく、歩行の際に足から伝わる衝撃を吸収する働きも担っています。
中高年層の方に腰痛を訴える方が多い傾向にありますが、これは、腰への負担が年齢とともに蓄積されていくことが原因であると考えられています。
しかし、腰痛の原因は一つではなくさまざまなケースがあり、大きく「日常生活が原因の場合」と「疾患が原因の場合」の2つに分類することができます。


【日常生活が原因の場合】

 

◇不良姿勢

長時間のデスクワーク運転をした後、腰に痛みや重たさを感じることはありませんか?

背中が丸まった姿勢を続けることにより背骨の湾曲が失われると、腰への負担が大きくなります。

すると、骨盤にゆがみが生じて椎間板へ負荷がかかり、やがて腰痛に繋がる可能性があります。

 

また、猫背巻き肩などの方も同じような理由で、腰痛になるリスクが高いと考えられます。


◇お腹の筋力低下

加齢運動不足でお腹の筋力が衰えると上半身を起こしたり支える筋力が足りず、歩く、立つ、起き上がるなどあらゆる動作を行う際に腰の骨に大きな負担がかかり、やがて腰痛を招く場合があります。


【疾患が原因の場合】

 

◇ぎっくり腰

重たい荷物を持ち上げた時や立ち上がった時など、日常生活の中のふとした瞬間に起こることのあるぎっくり腰は、あまりの強い痛みでその場から全く動けなくなることもあります。
一般的には数日から数週間で症状は落ち着きますが、下肢にしびれなどがある場合、神経障害が疑われるため注意が必要です。


◇腰椎椎間板ヘルニア

腰椎(腰の骨)の椎間板という組織が何らかの理由によって変性し、周辺の神経を圧迫・刺激することで下半身に痛みしびれ感覚麻痺などの症状があらわれます。


◇腰椎椎間関節症

椎間板の変性により椎間関節周辺の神経が圧迫・刺激されて痛みがあらわれます。
腰を捻る、反らすなどした際に痛みが出る場合、腰椎椎間関節症の可能性が高いと考えられます。


◇腰部脊柱管狭窄症

加齢や腰骨の病気などにより腰椎や靭帯が変性し、「脊柱管」と呼ばれる神経の通り道が狭くなってしまうことで下肢に痛みしびれ筋力低下などが起こります。


◇脊柱分離症

脊柱分離症は、腰を曲げ伸ばしたり捻るなどの動作を頻繁に行うことで、椎間関節の基部の骨が分離を起こし、下半身に痛み筋力低下が生じます。
骨が十分に成長しきっていない少年期に起こりやすい傾向があります。


◇すべり症

すべり症は椎骨が前後にずれる症状で、分離症によって起こる「分離すべり症」と、分離せず起こる「変性すべり症」の2つに分類されます。
「分離すべり症」は椎間関節が分離することで背骨の安定感が失われ、やがて椎間板の変性に繋がり発症します。
「変性すべり症」は主に椎間板の変性によって生じ、腰部脊柱管狭窄症に繋がるケースもあります。

つらい腰痛はセルフケアで改善できる?

疾患が原因の腰痛は医療機関にて処置を受ける必要がありますが、日常生活が原因で起こる腰痛の場合は、毎日のちょっとした工夫で痛みが和らぐ可能性があります。
ここでは、腰痛のつらい痛みの対策法・予防法についてお話しします。


【対策法】

 

◇姿勢の改善

良い姿勢は身体全体のバランスを保ち、骨や筋肉に余計な負担をかけずに済みます。
特に、上半身を支える上で重要となる腰には大きな負担がかかりやすいため、正しい姿勢を心がけることが腰痛の対策・予防に効果的です。


◇冷やさない

寒い時期に腰痛が起こりやすい場合は「冷え」が原因かもしれません。
お風呂はシャワーで済まさず湯船に浸かって身体の芯から温めることで筋肉の緊張がほぐれ、血行も促進されて痛みの緩和が期待できます。
下半身を冷やさないような衣服を選んだり、カイロ腹巻を利用することもおすすめです。


◇ストレッチ

腰痛を改善するには、腰周辺の筋肉を柔軟にしておく必要があります。
筋肉がほぐれると血行不良が改善し、体内に蓄積した老廃物が排出されて痛みの緩和に繋がります。

 

【インナーマッスルを鍛えて腰痛を予防】

 

インナーマッスルを鍛えると、腰や背骨、骨盤が安定するため腰痛の予防に効果的であると考えられています。

 

また、身体を支える筋肉がつくだけでなく身体全体のバランスが整うため、血液やリンパの巡りが良くなり冷え性むくみの改善が期待できます。

 

《インナーマッスルを鍛えるトレーニング》

「スクワット」

①足を肩幅に開き、かかとに重心をかけて立ちます。両手は前に真っ直ぐ伸ばし、地面と並行にします。
②膝を曲げてお尻を突き出し、そのまま垂直に身体を下ろし、元の姿勢に戻します。


「ドローイン」

①仰向けになって膝を曲げ、手はおへその下あたりに置きます。
②お腹の筋肉が硬くなっていることを確認し、そのまま息をゆっくりと吐きながらお腹をへこませます。

 

「スクワット」と「ドローイン」それぞれ①、②をワンセットとし、5回繰り返します。

南行徳中央整骨院の【腰痛】アプローチ方法

腰周りは人間の中心である部位のため、負担が集まりやすく痛みを生じやすくなっています。

主な原因としては、
・慢性的な筋疲労の場合
・何かの動作が負荷となる場合
筋肉の緊張による場合
筋力低下
などが考えられます。

当院では、痛みのあるポイントを確認し「どうした時に痛みがあるか」などを確認して原因を突き止めます。
直接痛みの元となっている部分にアプローチをかけたり、周りから負担を減らしていったりして痛みを軽減させていきます。
その際に手技での施術だけではなく「ハイボルト療法」を使用し施術をします。
慢性的な筋疲労が原因の場合は、骨格と筋力から整えたり日常生活の改善の指導を行なって根本改善を行います。
全身のバランスを整え、身体を改善し痛みの出にくい身体にしていきましょう!

 

【腰痛に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の刺激を患部に施すことで靭帯、筋肉の組織修復を行い除痛や腫れの軽減、可動域の向上を目指します。
血流が促進されることで早期回復の効果も期待できます。
ぎっくり腰や寝違え、骨折や捻挫などの突発的なケガにおすすめな施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉をゆるめて血行の促進を目指します。
除痛効果だけでなく、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

キネシオロジーテープやホワイトテープ、スパイラルテープなどのテーピングテープを、身体の状態や目的に合わせて使用していきます。
突発的なケガのサポート及び習慣性の痛みの軽減に効果が期待できます。
スポーツのケガ、突発的なケガ、大会直前のケガでお悩みの方におすすめな施術です。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや背骨のゆがみを本来の状態に戻し、血液・リンパ・神経の流れ、動きを整え、身体の自然治癒力を高めていくことで、慢性的な「肩こり」や「腰痛」などに効果が期待できる施術です。
普段の姿勢が気になっている方、慢性的に疲労を感じている方におすすめな施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を覆っている「筋膜」に専用の器具(ステンレスでできたブレードなど)でアプローチしていきます。
筋膜の緊張や癒着をほぐすことで組織の回復力を高め痛みの軽減や可動域の改善が期待できます。

 

■ドレナージュ

【DPL】

足裏からふくらはぎ、膝裏に溜まった老廃物を中心部に向かって流すリンパケアです。
むくみやリンパ、浮腫の除去、足の冷えやこむら返りなどにも効果が期待できます。 ふくらはぎは、「第二の心臓」と呼ばれるくらい血液の流れに大切な役割をしています。
ドレナージュ(DPL)でふくらはぎのポンプ作用を活性化させ、下半身に溜まった老廃物を心臓に戻す手助けしていきます。

 

■カッピング

痛みを感じている部分に透明のカップを吸着させ中を真空状態にし吸い込んでいきます。
身体の表面の循環を促進することで表層の筋肉を柔らかくしていきます。 肩や腰の痛みや血行不良による不調の緩和に効果が期待できます。

 

■猫背矯正

猫背は、首や骨盤の矯正だけでなく全身のバランスをみることが大切です。 当院では、カウンセリング時に「背骨からきている猫背なのか」「巻き肩からきている猫背なのか」を確認してからストレッチなども加えながら、首・背中・腰と全身への施術を行います。 姿勢の改善だけでなく、首や肩こり、頭痛などの身体の不調の改善効果が期待できます。

※なお、骨に問題がある場合は特殊なコルセットなどが必要なこともあるため、その場合は専門の医療機関をご紹介することもあります。

著者 Writer

著者画像
院長:山田 晃(やまだ あきら)
資格:柔道整復師 四国医療専門学校卒業 
出身:徳島県小松島市 
スポーツ:小中高とバスケットボール部に所属 
趣味:ショッピング、映画鑑賞 
座右の銘:へばった時こそ頑張る事を癖にせよ。(ミニバスケット時代の監督の言葉)
患者さんへ一言: お身体の痛みや不調でお悩みの際はお気軽にご相談下さい!
患者さんが健康に、そして笑顔になれるように一緒に解決していきましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:南行徳中央整骨院
住所〒272-0143 千葉県市川市相之川4-6-11
最寄:南行徳駅
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】南行徳中央整骨院 公式SNSアカウント 南行徳中央整骨院院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】南行徳中央整骨院 公式SNSアカウント 南行徳中央整骨院院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】南行徳中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中